Webloco MMA導入支援・運用コンサル

Webloco MMAサービスの考え方

マーケティング・オートメーションを
小さな成功体験から始めよう

マーケティング・オートメーションの常識にとらわれず、マーケティング・オートメーションの機能を絞り込んで、お客様が今、一番困っている事、解決したい事にフォーカスする

それにより、低コストでMAの導入が出来、且つ早い段階で問題・課題の改善の効果を実感する事が出来ます。

他のMA導入サービスとの比較

プランの比較  Webloco MMA導入ライトプラン 他社のMA導入プラン
導入目的 現在の業務の中で問題・課題となっている部分の改善。主に煩雑な業務の効率アップ、生産性向上 見込み客の獲得、管理、育成、抽出、他のシステムとの連動までを一気通貫で自動化、効率化
導入の範囲 マーケティング・オートメーションの部分実装 マーケティング・オートメーションのフル実装
最適な事業規模 小規模~ 中規模~大規模
導入費用 低コスト(¥79,800~) 高コスト(¥数十万~)
導入までの期間 短い(1カ月程度) 長い(数カ月~)
運用コスト 低い(¥数千~数万) 中~高(¥数万~数十万)
運用難易度 低い 中~高
成果を実感するまでの期間 比較的早い(数カ月) 比較的時間が掛かる(数カ月~数年)
総括 顕在化している問題の改善にフォーカスしている為、導入の影響範囲は限定されますが、目的(問題解決)に対して高い確率で成果を見込めます。 見込み客管理に関わるプロセスを、MAツールを使って効率化する為、成功すれば大きな恩恵を受ける事が出来ます。ただ、運用の難易度の高さと比例して、成功させる難易度も高いのが現実です。

Webloco MMAサービスの内容

お客様の解決したい問題・課題のヒアリング

問題・課題に合わせたMA設計を実施

設計に従いMAツールの導入及び設定

MAツールの運用方法のレクチャ

Webloco MMA導入の事例

キャンペーン機能を応用したお問い合わせフォーム

お問い合わせを送信した時、お客様の入力内容に合わせて、最適なメールを返したり、お問い合わせがあったお客様の情報をデータベースで一元管理したいというニーズがありました。

この仕組みを一から作成する場合、数十万円と言う費用や数ヵ月の時間が掛かる事が予想されます。

マーケティング・オートメーションには、キャンペーンという、自動処理を設計する為の機能がついていおり、この機能を応用する事で、このニーズを満たす機能が低コスト且つスピーディに実現できました。

お問い合わせから顧客管理イメージ

スコアリング機能を応用した自動通知メール

営業活動の生産性を向上させたいというニーズは、どの会社にもあると思います。営業活動を効率化させる方法の1つに、見込み客が欲しいというタイミングでアプローチを掛ける事です。もちろん、そのタイミングを把握する事は非常に難しい事です。

ただ、マーケティング・オートメーションのスコアリング機能とトリガー機能を組み合わせれば、一定以上の購買意欲(本気度)に達した顧客が発生したら、営業マンにメールを送信する仕組みの構築が出来ます。

これにより、営業マンの勘や経験による感覚だけに頼っていた部分に、+αの判断基準が加わり、より効率に営業が出来る様になります。

自動通知メールイメージ