初めてのホームページ制作には第三者の専門家に相談するのが効果的です。

初めてのホームページ制作には第三者の専門家に相談するのが効果的です。


初めてホームページを持ちたいと思うあなた。

自分で制作するにしても、外部の業者に依頼するにしても、第三者のWebの専門家に1度、相談する事をお勧めします。

 

ホームページを自分で作成する場合

ホームページを安く持つことが目的ならグッドチョイス

ホームページを自分で作成しようと考えている方は、出来るだけ安くホームページを制作したいと言う方が多いと思います。

その場合、インターネットや参考書を購入して独学で勉強する事になります。この場合、諦めない心があれば、ホームページのクオリティは置いておいて、なんとか作成する事が出来ると思います。

この場合、とにかくホームページを安く持つ事が目的なら、選択肢としては「あり」です。

 

自分のコストは考慮しているか?

自分で作成したら「タダ」、もしくは「安く済む」と言う考え方は間違っていませんが、自分のコスト(労力、時間)は含まれているか?という事を考えなければなりません。

現在は、ホームページを外注しても、シンプルなホームページなら比較的安く作成してもらえる所もあります。

単純にホームページを持つことだけなら、外注した方が安く、しかもキレイなホームページを持つことが出来るかもしれません。

 

ビジネスの利益になるホームページを持つ事が目的の場合

この場合、ホームページを作成するスキル以外に、Webマーケティングの知識なども必要になり、よりハードルが高く成ります。

独学で勉強して、なんとかホームページは作成できたけど、1年経ってもまったく反応がない。こんな事はよく聞く話です。

だからと言って、独学で学んだホームページの知識や、この1年という期間は全く無駄だったかというと、そういう訳ではありませんが、「満足できる成果を得たか?」というとそうではないと思います。

 

その為、自分で作成する事を考えている方も、

労力や時間を無駄にしない為に、専門家にも頼ってみましょう。

 

ホームページ制作を外部の業者に依頼する場合

この場合、第三者の専門家に相談する効果はかなり高いと思います。

ホームページ制作を外部に依頼する場合、それなりの費用を掛ける事になるので、それこそ失敗したくないと思うでしょう。

制作業者によりけりですが、「初めてホームページを制作する」というと、「足元を見られる」場合があります。とは言え、経験の無さは、自力では補えません。

 

当事者の意見は鵜呑みに出来ない

良い制作会社や良い担当者に当たれば、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。(本当に優秀な人材がいる良い制作会社は、基本高いです。)複数の会社に、見積依頼や相談を持ちかければ、ある程度の相場や内容は把握できると思います。

ただ、どの会社も自社で受注したいと思う気持ちがある為、どうしても、自社の利益になる事(都合の良い事)を多く言う傾向にあります。

 

専門用語などが飛び交い話が理解できない事も

Web業界は、技術の進歩が速く、次々と新しい技術や概念が登場します。その起源は、欧米が多く、英語(横文字)がほとんどです。

担当者との会話や、メールの文章、見積書に書いてある内容も含め、聞きなれない単語が沢山書かれている事もあります。

インターネットで調べれば、大体情報は出てきますが、インターネットに書いてある内容にも横文字が書いてあり、説明分の意味が理解できない事も多々あります。

 

第三者の立場で、客観的に判断できる専門家

裁判をする時、自分の見方として弁護士を立てる様に、制作業者と折衝する時に、Webの専門家に相談する事は、とても有意義だと考えます。

第三者は、物事を客観的、俯瞰して見ることが出来、公平な判断をする事が可能です。そして、Webの専門家であれば、公平な判断プラス、今までの経験も踏まえて、的確な判断を期待できます。

 

Weblocoセミナーでは、Webの技術的な事や一般的な事まで幅広く対応可能なマンツーマンレッスンを定期的に開催しています。ホームページ制作をご検討している時に、是非ご活用ください。