コンテンツマーケティングで役に立つライティング!読んでもらう為に意識する4つのポイント


コンテンツマーケティングにおいて、ユーザーのニーズを満たすオリジナルで良質なコンテンツが必要である事は言うまでもありません。

ただ、いくら良質なコンテンツがあっても、ライティングの基本がなっていなくては、途中で離脱されてしまい、結局はユーザーを満足させる事は出来ません。

今回は、文章をストレスなく読んでもらい、伝わりやすくする為のライティングのポイントをご紹介対します。

 

読んでもらう文章を書く為のポイント

1.文章内に感情表現をいれる

文章内で言う感情表現とは、いわゆる話言葉の様な感じで、「カッコで括って表す表現」と言うと伝わりやすいと思います。
例)「職場恋愛で悩んでいて、誰にも相談できない事ってありませんか?」

文章内に感情表現をいれ、読んでいる人に「分かる分かる」と共感できる箇所を沢山用意します。 そうする事で、内容に共感したユーザーが文章を「自分事」として、読み進めてくれる可能性が高く成ります。

2.語り手の情報を先に紹介する

より共感を得てもらう為に、最初に自己紹介などをして、誰が発信しているかを明確に伝えましょう。

そうする事で、読んでいるユーザーが、「この記事を書いている著者って私と境遇が似ている」と思ってくれれば、よりその記事を自分事として、読んでくれるでしょう。

3.思わず読み進めたくなるように、”適度な興奮”を感じさせる

 

4.「見やすさ」「分かりやすさ」を意識する

こちらに関しては、次のセッションで詳しくご紹介します。

 

読みやすい(見やすい)文章とは

読みやすく、見やすい文章に共通する項目、要素を以下に箇条書きで表示します。

  • 「改行」と「行間」が適切である。
  • 文章の長さが適切である。
  • 漢字とひらがなの含有率を調整する。
  • 専門用語が使われていない。
  • 文字サイスが適切である。
  • 背景と文字色のコントラストが適切である。
  • 区切り線や記号、見出しが適度にある。
  • 写真やイラストが適度に使用されている。
  • 適切(自然)な句読点が打たれている。
    ※適切(自然な)句読点とは、声に出して読んだ時に、自然に息継ぎするところ。

上記の項目を意識してライティングすると、読みやすい(見やすい)文章が作成出来る様になります。

 

分かりやすい(理解しやすい)文章とは

分かりやすい(理解しやすい)文章とは、端的に言うと、論理的である文章の事です。

論理的な文章と言うのをもう少し噛み砕いて説明しますと、読んでいるユーザーに「なぜ?」を思わせない文章の事を言います。

論理破たんをしている文章は、至る所で「なぜそうなった?」と思わせてしまい、結果、内容が前々入ってこない文章になります。

その為、相手に伝わる(理解される)文章とは、論理がしっかりしている文章と言えます。

 

記事を読んでもらう為のライティングのまとめ

ライティングに関していろいろお話しましたが、最初からすべてを完璧に意識して書くのはかなり大変な事だと思います。

冒頭でもお話ししましたが、ライティングは、ユーザーが求めるコンテンツ(情報)がそこにあり、それをより伝わりやすくする為の補助的な物です。

ライティングを意識しすぎて、面白いコンテンツが掛けなくなったり、書くことが楽しくなるのは本末転倒だと思います。

その為、まずは、自分の書きたい物を書きたいように書いて、その後、添削、編集と言う形で、少しずつ見やすく、読みやすくしていく事が良いかと思います。

 

以上「コンテンツマーケティングで役に立つ記事を読んでもらう為のライティングの基本」をお送りしました。

スポンサードリンク




おすすめ関連記事