3月度Mautic MeetUp Nagoya Mautic 2.12.2新バージョン情報


先日 3月度のMautic MeetUp Nagoyaに参加してきました。

今回MeetUpの内容は、Mauticの最新バージョンの紹介と、皆でMauticを活用する為に、先月作成した「ペルソナ」を基に、「カスタマージャーニー」を作成するシミュレーションを行いました。

その為、Mauticの情報としては、新バージョンの変更点と言う事になります。

 

新バージョン「Mautic 2.12.2」情報

参考ソースは、GitHubのMauticリリースノートになっています。

なお、リリースノートを見る限り、Mautic2.12.2では、新機能は特になく、既存機能の強化やバグフィックスが中心でした。

ただ、既存機能の強化の中で1つ、私にとって便利になった機能がありましたので、そちらをご紹介します。

 

【機能強化】Mauticメールに対する返信をタイムラインから閲覧できる

これはどんな機能か?と言いますと、Mauticから指定のコンタクトにメールを送信した場合、そのメールに返信があった場合、タイムラインに表記されるという事です。

実際に、下記の画像で確認してみましょう。

 

Mauticからコンタクトにメールを送る

コンタクトの中から、メールを送りたいコンタクトを選び「Send email」をクリックします。

Mauticコンタクトにメールを送る

メールの文章を作成して、「送信」をクリックします。

 

コンタクトの履歴を確認する

メールを送ると「カスタムメール」として、メールが送られたことが記録されます。

Mauticのコンタクトの行動履歴

この時、まだメールを開いていない為、「読まれていない」という状態になっています。

Mauticメールをメーラーで開いてみる

多くのメーラーでは、メールを開くと、Mauticに対して、開いた事を通知します。

Mauticのコンタクトがメールを開いた状態

上記の画像より、メールを送ってから、4分後にメールを開いたことが分かります。

今までは、メールが読まれたか?読まれていないか?しか、コンタクトのタイムラインでは確認出来ませんでした。

Mauticメールに対してメールを返信してみる

Mauticメールに対して、そのまま「返信」を押して、実際にメールを送ってみます。

上記の様に、「メールの開封履歴」の下に、新たに履歴が追加されたのが分かります。

「開封」「返信」と言ったステータスの様なものが付与されていれば、より分かりやすいのですが、タイムラインから、簡易的なメールのやり取りの情報が分かるのは嬉しい強化です。

 

キャンペーンで「返信があったら」というトリガーが追加されていた

メールの返信を検知できるのだったら、「返信」をトリガーにして、柔軟にキャンペーンを組めるのになぁ~と思っていたら、すでにキャンペーンの中に組み込まれていました。

「Replies to email」という項目が、「メールに返信があれば」という条件分岐になります。これを使って、コンタクト(見込み客)の行動に合わせて、より最適なアプローチが出来そうです。

 

以上「3月度Mautic MeetUp Nagoya Mautic 2.12.2新バージョン情報 脆弱性情報」をお伝えしました。

Mauticの操作方法や活用方法でお困りの方

Mautic歴3年以上の講師が、マンツーマンでレクチャーします。

名古屋近郊にお住まいの方は対面でも可能。それ以外の方は、Skypeなどで対応可能です。

マンツーマンレッスンの詳細を見る