ワードプレスサイトのデメリット

Weblocoでは、ワードプレスのメリットだけでなくデメリットもご説明することより、お客様に安心・納得して頂き、当社のサービス、ワードプレスサイトをご利用いただきたいと思っております。

ワードプレスホームページ制作のデメリット

当サイトは、ワードプレスと言うコンテンツマネジメントシステムと、テーマと言うデザインの雛形を使用することにより、格安で、スピーディ、高品質のホームページを作成する事をコンセプトにしております。

ただメリットだけでなく、ワードプレスとテーマを使用するデメリットもございます。それは、誰でも「簡単」に更新が出来る特性が、逆に、ホームページの構造を複雑にしている為、一部の構造が複雑な箇所は、より専門的な知識が無いと対応出来ない事があります。

また、一貫性のあるページ作成が強みであるワードプレスは、各ページ毎に、違ったイメージのデザインページを作成したいお客様には、適していない場合がございます。

それと、ワードプレスは動的ページな為、HTML+CSSだけで作成されている静的ページに比べると、ページが表示される時間が遅いと言うデメリットもございます。

ワードプレスホームページメンテナンスのデメリット

また、ワードプレスはコンテンツマネジメントシステムを採用しており、HTML+CSSなど、技術的な知識が無くても、テキストや画像などのコンテンツがございましたら、簡単にホームページを更新できる仕組みでございます。

ただ、よりデザインにこだわりたい場合は、多少の勉強をしていただく必要があり、ご自身で簡単なコーディング作業(ソースコードを作成)をする必要がございます。(当社は納品後、有償で追加コンテンツの作成も承っております。)

コンテンツの追加以外で、当社からの無償アフターサポート終了以降の管理は、お客様自身でメンテナンスしていただく必要がございます。これは、コンテンツ作成以外に、現状のホームページを半永久的に維持していく為のメンテナンスです。 無償アフターサポート終了以降に発生する管理は以下の通りです。

  • 1.レンタルサーバーの更新
  • 2.データバックアップ
  • 3.セキュリティ対策
  • 4.ワードプレスサイトシステムの更新

上記の中で、絶対に必要な管理は、レンタルサーバーの更新作業です。基本的に1年に1回更新するだけの作業ですが、忘れてしまうと、せっかく作成したホームページが表示されなくなります。それ以外の更新業務は必須ではないかもしれませんが、何かトラブルがあったときのリスクヘッジとして、重要な業務になります。

ただ、上記の「4.ワードプレスサイトシステムの更新」以外は、ワードプレスサイトでなくてもホームページを持っている以上必要な業務になります。それを、お金を払って専門業者に任せるか、社内(自身)で行うかになります。(当社は、上記メンテナンス業務も、有償で承っております。)

上記のワードプレスの特性(メリット、デメリット)をご理解の上、当サイトのサービス、ワードプレスサイトの構築をご検討いただけたら幸いです。以上でございます。