リアルな顧客購買経験をデータベース化したリアルカスタマージャーニーデータベース開始

リアルな顧客購買経験をデータベース化したリアルカスタマージャーニーデータベース開始

こんにちは。Webloco代表/Webディレクターのヤブです。

本日は、弊社サービスのリニューアルのお知らせです。

 

リアルカスタマージャーニーデータベースとは?

リアルカスタマージャーニー(RCJ)データベースは、実際に商品を購入された顧客に、特別なアンケートを実施して、商品の認知から購買までのプロセスを分かりやすくまとめた情報サイトです。

 

そもそもカスタマージャーニーとは?

ジャーニーとは、英語で「旅」や「旅行」を意味します。

カスタマージャーニーとは、お客様や消費者が商品やサービスを認知して、情報収集、比較検討を繰り返し、購買に至るまでの行動プロセスを、旅と例えた考え方です。

このカスタマージャーニーを詳細に分析、把握する事で、顧客に対してどういった接点を持ったら良いか?どういったアプローチをしたら良いかが、具体的にイメージしやすくなります。

一般的には、ペルソナ(架空の顧客像)を設定して、それを元に、ペルソナの行動や思考を推測して、仮説の購買プロセスを導いていきます。

 

リアルカスタマージャーニーデータベースの価値

1.マーケティング戦略立案のサポート

カスタマージャーニーは、ペルソナ(架空の顧客増)を元に、仮設で導き出した購買プロセスになります。

リアルカスタマージャーニー(RCJ)データベースは、実際に商品を購入された顧客に、特別なアンケートを実施して、商品の認知から購買までのプロセスを分かりやすくまとめております。

その為、よりリアルな情報を元に戦略を立てれる為、戦略の精度も向上する可能性があります。

 

2.マーケティングの教育教材

将来マーケティングの仕事に携わりたい方や、マーケティングを学びたい方にとっても、リアルな顧客購買経験を学ぶことは重要なプロセスです。

一般的なマーケティング教材と併用して勉強する事で、より幅広くより深い考察を得ることが可能になります。

どの企業・業界からも必要とされる優秀なマーケターになる為、または優秀なマーケターを育成する為の教材としても大変価値があります。

 

3.自分や身の回りの購買体験の登録

RCJの会員になると、自身や身の回りの購買体験をデータベースに登録して、いつでも閲覧する事が可能になります。

これらの情報を、改めて俯瞰して、客観的に分析する事により、顧客の事をより深く理解する事が可能となります。

 

リアルカスタマージャーニーデータベースへ

 

Webマーケターが制作するユーザー目線のホームページ作成のバナー
Webマーケターが制作するユーザー目線のホームページ作成のバナー