キャンピングカーやレジャー施設向けのレンタル予約システムのリリース

キャンピングカーやレジャー施設向けのレンタル予約システムのリリース

category お知らせ

最近キャンピングカーの需要が高まってきている

最近、キャンピングカーのレンタルが人気という話をTVなどで耳にします。

少し前から消費のトレンドは、「モノ(消費)」から「コト(消費)」へシフトしており、「非現実」な体験をする為、キャンピングカーをレンタルして、家族や友達と数日間、ゆっくり旅をする事が人気なのだそうです。

この人気に支えられて、ここ最近「キャンピングカーのレンタルビジネスを始めたい。(もしくは始める)」という声が増えてきました。

弊社もこのトレンドに乗っかる形で、「キャンピングカーのレンタル予約システム」を自社で開発し、販売を開始しました。

 

レジャー施設のレンタル予約システムの特徴

弊社のレンタル予約システムは、キャンピングカーやレジャー施設などレジャー向けではありますが、応用次第で、いろいろなレンタルビジネス(貸会議室、貸部屋など)でも使用する事は出来ます。

弊社の予約システムの特徴を簡単にご紹介いたします。

低コストで素早い導入が可能

予約システムなどを1から構築する場合、最低でも数十万から百万以上のコストが掛かります。

弊社の場合、パッケージとなっている為、ほぼそのままの導入の場合「10万+税」で導入が可能です。

また、導入に掛かる期間も「最短1週間程度」と、素早い導入が可能です。

柔軟な料金の設定と追加オプションの設定

キャンピングカーや貸駐車場など、レジャー施設のレンタルビジネスの場合、需要と供給に合わせて、適切に料金設定を行う必要があります。

弊社の予約システムでは、「平日」と「土日祝」で料金を変えたり、オフシーズやオンシーズ毎に料金を設定する事も可能です。

また、追加オプション機能により、「ペット可・不可」や「クリーニングサービス」など、レンタルビジネスの種類や、その会社独自のサービスに合わせて、自由に設定する事が可能です。

クラウドサービスでは無く、自社サーバーへ導入・構築

予約システムは、世の中に沢山あり、多くはクラウド型のサービスが主流です。

弊社の「レンタルビジネス向け予約システム」は、お客様のサーバーにインストール(導入する)形のシステムです。

シンプルな機能ですぐに使いこなせるようになる

高機能なシステムだと、出来る事は沢山ありますが、使いこなせるようになるまで時間がかかります。

弊社のシステムは、「予約の管理」「価格の管理」など、必要最低限の機能に絞って、少しの時間で使いこなせるようになります。

デザインや機能をお客様に合わせてカスタマイズ可能

クラウドサービスの場合、自社のホームページとは別のアドレスにフォームページがある為、デザインが違ったり、アドレスも変わったりします。

弊社のシステムは、ホームページと同じサーバーに構築する為、デザインをホームページに合わせたデザインにしたり、足りない機能をカスタマイズで追加したりする事も可能です。

 

只今、予約システム導入サポートキャンペーン中

Weblocoでホームページ制作も一緒に依頼頂くと、
予約システムの基本料金が半額になります。

 

レンタル予約システムの管理画面UI(操作画面)

管理者側のUI(ユーザーインターフェース)は、シンプルなデザインになっており、どの画面にいても、左側のメニューから、遷移する事が出来るスタンダードな画面です。

 

レンタル予約システムのエンドユーザー側のUI(操作画面)

エンドユーザー側の操作画面は、予約システムを導入する環境に合わせて、カスタマイズする事が出来る為、一概に同じにはなりませんが、一般的なデザインは、下記の様なカレンダーが横に並んだデザインとなります。

カレンダー表示画面

入力フォーム画面

お見積り金額表示画面

 

レンタル予約システムの主な機能

予約科目管理

実際にレンタル予約する科目情報を登録・管理する機能です。キャンピングカーのレンタルなら、車種情報(車種名や料金など)を登録・管理する機能です。

平日や土日祝の料金設定や、オフシーズやハイシーズンでの料金設定をします。

予約データ管理

どの予約科目に何件予約が入っているか?誰からレンタル予約されているか?の閲覧や内容の変更をする機能です。

メール管理

フォームからレンタル予約された時に、ユーザーへ自動的に送信されるメールの内容を管理する機能です。

フォーム管理

予約フォームのフォーマット(入力項目の内容や数、必須入力の判断)の設定・管理をする機能です。

オプション管理

「ペットの同乗可・不可」「禁煙・喫煙」や「追加のレンタル備品」と言った、ビジネスや会社のサービスごとに個別に設定する項目の管理をする機能です。

アクション管理(追加オプション)

お客様に対して、予約日前日にリマインドメールを送ったり、ご利用後にフォローメールを送ると言ったアクションを設定可能。

メールを送信する以外にも、データ項目に任意の値をセット、変更する事も可能。

アクションのトリガー条件は、「予約後〇日が経過したら」と言った日付条件や、「ステータスが入金になったら」と言う状態条件などで設定出来、アナログなルーティン業務を自動化する事が出来ます。

 

レンタル予約システムの導入事例

lei(レイ)キャンピングカーレンタル様

lei(レイ)キャンピングカーレンタル様の予約サイトを見る

Weblocoワンタイムスクール様

Weblocoワンタイムスクール様の予約サイトを見る

 

只今、予約システム導入サポートキャンペーン中

Weblocoでホームページ制作も一緒に依頼頂くと、
予約システムの基本料金が半額になります。