WordPressテーマ「series4」のご紹介。病院、医療向けのテンプレートにおススメ。

WordPressテーマ「series4」のご紹介。病院、医療向けのテンプレートにおススメ。

category お知らせ

こんにちは。Webloco代表/Webディレクターのヤブです。今回は、弊社のオリジナルWordPressテーマをご紹介します。

 

新シリーズ「Weblocoテーマ series4」

先日、弊社のオリジナルWordPressテーマ(通称Weblocoテーマ)の新シリーズ「series4」がリリースされました。

これまでのWeblocoテーマのコンセプト(シンプルで使い易い)はそのままに、現在のWebサイトやWordPressサイトの潮流に合わせて刷新しました。

 

「series4」の変更点1.「脱jQuery」

大きな変更点は、Webサイト内のインタラクションな動きや振る舞いを制御していた「javascript」のソースコードを、全て「jqeury」を使わずに、素の「javascript」で作り直しました。

「jquery」は大変便利なライブラリですが、ページの読み込み速度が遅くなるというデメリットもあり、最近では少しずつ存在感が薄れてきており、Webサイトでの採用率も低下の一途をたどっていました。

これにより、若干ではありますが、レスポンスは上がっていると思われます。

「series4」の変更点2.「Bootstrap5のグリッドレイアウトを採用」

CSSフレームワーク「Bootstrap5」のグリッドレイアウトシステムを採用しました。

「series3」までは、「Bootstrap4」でしたが、テーマの刷新を機に、グリッドレイアウトシステムも新しくしました。

なお、CSSフレームワークとして有名な「Bootstrap」ですが、弊社のテーマで採用しているのは、あくまでレイアウト組で便利な「グリッドレイアウトシステム」+αだけで、その他の部分は採用していません。

「series4」の変更点3.「css 変数を活用」

CSS カスタムプロパティ (css 変数)を必要な部分で採用。

CSSの新しい仕組みであるCSS カスタムプロパティは、プログラミング言語の様に「変数(入れ物)」を定義して、「変数」に、「任意の値」を設定する事が出来ます。

「変数」の利用により、値を1か所変更するだけで、変数に対応している全ての個所で変更が反映される為、メンテナンスやカスタマイズが、今までより容易になります。

 

Weblocoテーマ series4 のご紹介

「series4」第一弾は「病院、医療向けのテンプレート」

 

「series4」第一弾は、弊社でも人気の高い「病院、医療向け」のテンプレートです。

弊社のこれまでの「病院、医療向け」テーマは、意外にも「ブルー系」しかなく、ニーズがありそうな「グリーン系」が無かったため、清潔感、クリーンなイメージと、優しいイメージを与える「グリーン系」のテーマを作成しました。

「病院、医療向け」のホームページ、Webサイトの作成を検討されている方は、是非、Weblocoテーマをご検討ください。

 

他のWeblocoテーマを見る