予約システム(Leisureve)を使ったキッチンカーレンタルビジネス(サービス)のご提案

予約システム(Leisureve)を使ったキッチンカーレンタルビジネス(サービス)のご提案

こんにちは。Webloco代表/Webディレクターのヤブです。

本日は、弊社のレジャー施設予約システム(Leisureve)を使った用途提案、ビジネス提案をさせていただきます。

 

キッチンカーレンタルビジネス(サービス)

弊社のレジャー施設予約システム(Leisureve)は、サービス名の通り、レジャー施設、キャンピングカーなどのレンタル受付をする為のサービスとなります。

これまで「キャンピングカーレンタル受付システム」として、いくつもの企業様に導入させて頂いておりますが、「キャンピングカー」を「キッチンカー」に変えるだけで、また違ったビジネス(サービス)を展開できるのではと思いました。

 

キッチンカーレンタルビジネス(サービス)を思いついた背景

最近、ビジネス番組などを見てると、近年、本業、副業を問わず、「キッチンカー」を使ったビジネスの特集や、「キッチンカー」を使って生計を立てている人たちの話をよく紹介されています。

そして、将来飲食店を開業したい。自分のお店を持ちたい人たちの登竜門として、「キッチンカー」が注目されています。

これらの放送を目にしたとき、このビジネス(サービス)をひらめきました。

 

何故このビジネスに価値があるのか?

キッチンカービジネスは、「将来自分の店を持ちたい人」のステップアップ手段だと考えています。

自分の店を持つとなると、お店の規模や扱う食材にもよりますが、初期投資として、最低1,000万以上はかかると思います。

かたや「キッチンカー」の場合、「300万~500万」くらいでは?と推測されます。それでも、数百万円はかかる為、ちょっと気軽にという訳にはいきません。

「キッチンカーレンタルビジネス」は、さらに、気軽に「キッチンカーでビジネスをしたい人」の夢やニーズをかなえる手段になると思います。

週末だけ副業として「キッチンカービジネス」をやる人や、上手く行くか分からないから、あまり初期コストやリスクを掛けずに、試しに「キッチンカービジネス」をやりたい人に、価値があるビジネス(サービス)だと思います。

 

このビジネスの将来性、発展性は?

「思いついた背景」でも紹介しましたが、最近「キッチンカー」のニーズは増えており、メディアでの露出も多いです。

昔も「キッチンカー」を使ったビジネスはありましたが、コロナ禍により加速したように思います。当然この勢いは一時的なブームかもしれませんし、定番化して、飲食ビジネスの選択肢として、残り続けるかもしれません。

私の予想では、ブームは一端落ち着きますが、それでも、「自分のお店を持ちたい人」のステップアップの手段として残ると思っており、ニッチなビジネスとしては、十分生き残ると思っています。

また、調査したいくつかの会社では、レンタル予約システム的なものを導入しておらず、アナログで管理している為、予約システムの導入で、ユーザーの利便性向上と、管理者側の生産性向上で、若干競争力を高める事が可能になるかもしれません。

 

キッチンカーレンタルビジネス(サービス)の競合は?

このビジネスを思いついた時、「新しいビジネスを思いついちゃった」と少し興奮しましたが、インターネットで検索したところ、残念なあら、すでに「キッチンカーレンタル」のビジネスはいくつもありました。

その為、まったく新しいビジネスではなく、今から始めても先行者メリットはあまりないかもしれません。

とは言え、ニッチなビジネスな為、大手の参入はあまり考えにくく、工夫次第で十分勝算はあると思います。

 

キッチンカーレンタルビジネス(サービス)のまとめ

この記事を読まれて、「そう言うあなたがやってみれば」と思われた方もいるかもしれません。

実際の所ちょっと本気で考えたのですが、会社のリソース(資金、人材)を考えると、「GO」という決断には至っていません。

もしかしたら、しれっと始めているかもしれません。

むしろ「一緒にやりませんか?」というパートナーのお誘いは大歓迎です。

興味のある方は、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

Webマーケターが制作するユーザー目線のホームページ作成のバナー
Webマーケターが制作するユーザー目線のホームページ作成のバナー