こんにちは。Webloco代表/Webディレクターのヤブです。

今回は、レンタル予約システム「Multi Rent」と「Leisureve」の比較をしたいと思います。

 

この記事のターゲット

  • どんな予約システムがあるか知りたい方
  • 予約システムの違いを知りたい方
  • 自社のサービスや事業に合う予約システムを探している方
  • クライアントに導入する予約システムを探している方

 

レンタル予約システムの比較

まずは簡単にレンタル予約システム「Multi Rent」と「Leisureve」のそれぞれの特徴をご紹介します。

レンタル予約システム「Multi Rent」の特徴

  • 1度の予約で複数アイテムの予約が出来る
  • アイテムの在庫管理が出来る

 

レンタル予約システム「Leisureve」の特徴

  • GWや正月などのシーズン料金や平日料金の設定など柔軟な料金設定が出来る
  • オプションや割引設定が出来る

 

2つの予約システムの共通の特徴

  • 日またぎの予約が出来る
  • 時間単位や日単位での予約管理が出来る
  • 自由に開始日時と終了日時を選択して予約できる「フリータイム予約」仕様
  • クレジットカード決済が出来る
  • 会員管理が出来る(Leisureveの場合有償オプション)

 

レンタル予約システムの選び方

どういう基準でレンタル予約システムを選ぶかの目安をご紹介します。

取り扱うアイテムの特徴で選ぶ

1番はどんなアイテムをレンタル管理したいかです。

「Multi Rent」は、カメラやアウトドア用品など、手に持って運べるような比較的小さなアイテムのレンタル予約に適しています。

「Leisureve」は、レンタカーやキャンピングカー、会議室など、大きなものや持ち運びが出来ない施設のレンタル予約に適しています。

 

取り扱うアイテム数(管理数)で選ぶ

「Multi Rent」は、在庫という概念があります。その為、取り扱うアイテムの種類が多く、また、同じアイテムでも複数の在庫を持っている場合「Multi Rent」が最適となります。

「Leisureve」は、在庫という概念がありません。ただ、レンタカーやキャンピングカーの場合、同じ車種でも、少量であれば、別のアイテムとして扱う事で管理は可能になります。

 

サービスや事業の形態で選ぶ

「Multi Rent」は、同時に複数のアイテムをレンタル予約可能です。DVDやCDのレンタルショップの様に、1ユーザーがいろんなアイテムを複数レンタル出来るサービスに適しています。

「Leisureve」は、レンタカーやキャンピングカー、貸し会議室など、1つのユーザーが1つのアイテムをレンタルするサービスに適しています。

 

料金設定の柔軟さで選ぶ

「Multi Rent」は、時間や日数単位で料金を設定できますが、曜日毎やシーズン毎での料金設定はできません。その為、シーズンや時間帯でそれほどニーズに変動がないアイテムに適しています。

「Leisureve」は、時間や日数単位での設定に加え、曜日やシーズン毎での料金設定もできる為、繁忙期や閑散期など、シーズンによって需要が大きく変わるレジャー施設などに適しています。

 

コストで選ぶ

「Multi Rent」は、複数アイテムのレンタルが可能であったり、在庫管理が出来るといった機能性により、「Leisureve」よりも導入費用は高くなります。

その為、取り扱うアイテムによっては、どちらの予約システムでも要件を満たす場合、コストの低い「Leisureve」の方が良いかもしれません。

 

レンタル予約システムの比較まとめ

分かりやすい様に、レンタル予約システム「Multi Rent」と「Leisureve」を表にまとめました。

Multi Rent Leisureve
概要 複数アイテムレンタル予約システム レジャー施設向レンタル予約システム
初期費用 オンプレミス:330,000円
サブスク:0円
オンプレミス:165,000円
サブスク:0円
月額費用 オンプレミス:0円
サブスク:11,000円~
オンプレミス:0円
サブスク:5,500円~
クレジット決済機能 〇(Square) 〇(PayPal)
会員管理
(有償オプションで可)
在庫管理 ×
複数予約 ×
日またぎの予約
予約の時間単位 分、時、日 分、時、日
料金計算 分、時、日単位 分、時、日単位
シーズン料金 ×
オプション機能 ×
割引機能 ×

2024年3月時点

以上、レンタル予約システム比較「Multi Rent」と「Leisureve」の比較でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。