ワードプレスとgoogleMapを連携した情報ポータルサイト制作事例

情報ポータルサイト制作の為の基本情報

クライアント様

某地方自治体様

弊社制作ワードプレスサイト

クライアント様情報は非公開

情報ポータルサイトの目的

町にある食べる所や遊ぶところ、観光名所などを、地元の人や、周辺の市町村にお住いの人に広くPRして認知してもらうと同時に、足を運んでもらいたい。

某地方自治体様からのご要望

google mapなどと連動して、地図からお店や観光名所を調べられるようなUIにして欲しい。

また、名所を定期的に追加・更新する為、専門知識の無いお役所のスタッフでも、簡単に更新出来る様にして欲しい。

その他、ポータルサイトからのお知らせを掲載する内部ブログも同時に設置して欲しい。

 

おもなワードプレスのカスタマイズ内容

観光情報詳細ページ(single-カスタム投稿名.php)

運営するスタッフの方に専門知識が無いため、詳細ページのレイアウトをガチガチに固め(1か所フリーエリアを設け)、管理画面に必要な箇所を入力するだけで、統一されたデザインが生成される様に構築。

プラグインに「アドバンスカスタムフィールド」をインストール。

また、通常のブログ記事とコンテンツを分けて管理する為、カスタマイズ投稿ページを実装。「Custom Post Type UI」のプラグインをインストール。

 

観光情報一覧ページ(archive-カスタム投稿名.php)

一覧ページには、某市町村全体のgoogle Mapを表示させ、カスタムフィールドに入力されている「緯度・経度」の情報によって、マップ上にプロットされる様に、google map APIとjavascriptで実装。

google Mapに表示されているマークをクリックすると、詳細ページへ遷移する仕様を実施

その他、「食べる」「見る」「遊ぶ」と言ったカテゴリーを設け、カテゴリー別に、表示する内容を変更

 

ワードプレス制作後記

WordPressとgoogle Mapの連携が今回の情報ポータルサイトのキモになりますので、どの様に実装するか、方法や仕様を決めるのに時間が掛かりました。

ワードプレスの部分と言うよりは、google map のAPIの仕様の理解やgoogle map上に、javascriptでポイントを表示させる工程が苦労しました。

また、今回も運営するスタッフが、専門知識の無い方なので、観光名所の情報を追加する為の管理画面も、出来るだけシンプルに使い易い様に設計しました。

 

以上「ワードプレスを使ったオウンドメディアの制作事例」のご紹介でした。