ホームページにアクセスはあるのですが、お問い合わせや売上が上がりません

ホームページをリリースしてから、一番多い悩みが、ホームページにアクセスが無い、または少ないと言う事ではないでしょうか?

そして、次に多い悩みとしては、アクセスはそこそこあるのに、なぜかコンバージョン(お問い合わせや資料請求)や売上に繋がらないという事だと思います。

この悩みに関して、弊社の今までの経験を踏まえて回答したいと思います。

 

ランディングページの直帰率が高い(悪い)

ここで言うランディングページとは、ユーザーが初めてホームページに訪問するページの事です。セールストーク満載の縦長のページもランディングページと呼ばれますが、ここではその事ではありません。

ホームページにせっかくアクセスがあっても、1ページを見て離脱、もしくは1ページ目のファーストビュー(一目見て)で、離脱という状態になっているかもしれません。

これはとても勿体無い事なので、アクセス数が多いランディングページ上位10ぺージの中で、直帰率が高いページを改善する事をお勧めします。

 

ユーザーがどこに行けばよいか?何をすればよいか迷っていないか?

自社サイトの事を一番よく知っているのは、基本社内の人間や制作者です。それゆえ、初めて訪れるユーザーと感覚と同じように自社サイトを見ることは不可能です。それが、多くの気づきを阻害する原因になります。

自社サイトに慣れている人間は、当然、ある情報を見たければ、そのページに最短でアクセスするでしょうし、迷う事もありません。

ただ、初めて訪れるユーザーは、自分の知りたい情報がどこにあるかも分からないですし、どうしたら良いかも分かりません。お問い合わせをしたくても、お問い合わせボタンが見つからず離脱するユーザーもいるかもしれません。

ユーザーテストなどを実施して、CTAボタン(行動を促すボタン)の色や配置、大きさや、ページの導線設計などを見直すと改善されるかもしれません。

ユーザーは、ホームページ内のどのページに最初に降り立つか分からない為、どのページに降り立っても、優しくエスコートして上げる事が大事です。

 

エントリーフォームでいろんな情報を求めすぎていないか?

エントリーフォームとは、お問い合わせフォームなどの入力フォームの事を言います。

現在、多くのユーザーが個人情報の提供に過敏になっています。また、出来るだけ面倒な事はしたくないと思っています。

そんな中、必要かどうかも分からない情報の入力を求めたり、アンケートの協力を求めると、多くのユーザーは、面倒くさいと思い、入力を途中でやめて、離脱してしまいます。

特に、スマートフォンの場合は、PCよりも入力作業に向いていません。スマートフォンのユーザーでも手間なく入力できるような配慮が必要です。

 

集客しているユーザーは、本当にお客さんになってくれるユーザーか?

オウンドメディアで集客しているサイトによくある事ですが、なかなかコンバージョン(お問い合わせや購入と言ったホームページのゴールの達成の事)に繋がらない理由の多くは、「集客しているユーザー」を間違えている事だと思います。

弊社も、集客する為に、オウンドメディア(自社のビジネスブログ)を運用する事をお勧めします。ただ、何の戦略なしにブログを運用していても、集客には成功したが、売上に繋がらないという失敗事例になる恐れがあります。

オウンドメディアを運用する時は、誰をターゲットにして、ターゲットにどんな事を伝え、どんな感情を頂いてもらいたいか、どんな行動を取ってもらいたいかという事を、しっかり考えて運用する必要があります。

 

最後は、あなたの商品やサービスに問題があります。

購入やお問い合わせが無いのは、本当にホームページが原因ですか?の記事でも紹介しておりますが、どんなに素晴らしいホームページを作っても、肝心の商品やサービスに魅力がなければ、やはりお問い合わせや商品の購入には至らないでしょう。

自分自身の事はなかなか客観的に判断できない為、これらの事は第3者(ターゲット)にヒアリングしてみて、意見をもらうのが一番良いと思います。

 

お問い合わせや売上が上がらないのまとめ

ホームページで成果を上げる為には、まずホームページを見に来てもらう必要があります。

今回のお悩みでは、第一関門はクリアしていますが、まだまだ改善しなければいけない事が沢山あります。

何処を改善しなければいけないかは、google analyticsなどのアクセス解析を使って、自社サイトの何処で多くの水漏れ(離脱)が発生しているかを見つけなければなりません。

そして、その水漏れを防ぐ対策を、しくしくと実行して行く形になります。

集客するユーザーを間違えてしまった場合

このパターンの場合、ホームページにアクセスがあったとしても、1から正しいターゲットを集客する部分からになるので、集客出来ていないサイトと大きな違いは無い様に思います。

現在集客出来ているユーザーを顧客にする方法を考えたり、他に再利用する良いアイデアがあれば別ですが。

 

以上「ホームページにアクセスはあるのですが、お問い合わせや売上が上がりません」のご紹介でした。