集客に強いと聞いてWordPressでブログを作ったが効果がでない理由。

集客に強いと聞いてWordPressでブログを作ったが効果がでない理由。

【2020年5月更新】

こんにちは。Webloco代表/マーケターのヤブです。

よく、「集客に強いと聞いてWordPressでブログを作ったが効果がでない」「アクセス数が増えない」という声を聞くことがあります。この悩みに対して、簡単に私なりの考えを述べさせていただきます。

WordPressで集客が出来ないたった1つの理由。

それはずばり

「戦略が無い」

という事です。

ただ、ここで付け加えておきたいのは、「戦略」が無いと、絶対に集客出来ないという訳ではなく、集客出来ない人の多くは、「戦略」が無いという事です。

中には、戦略が無くても集客できている人もいますが、それは「運(たまたま)」だったり、「才能があったり」と、ごく一部の限られた人に当てはまります。

 

ブログ(オウンドメディア)で成功するには戦略的な運営が必要

ホームページ集客の為にブログが良いと言う事は一般的にも言われています。私もお客様に定期的にブログを更新するように勧めています。

また、ワードプレスはブログ型のCMSなので、ブログ(オウンドメディア)を運営するのは適しています。

ただ、本当に集客の効果を得る為には、戦略的に運営する必要があります。

要するに、運営者の日記を日々更新しているような運営側の独りよがりの記事では、あまり効果が出ないと言う事です。

 

戦略的なブログ運営とは?

戦略的に運営するには、以下の事を意識する必要があると思います。

ブログ運営の目的を明確にする

ブログを始める目的の多くは、アクセスアップ、集客と思われるかもしれませんが、会社ブログに関して言えば、それは少し安直の様な気がします。

仮に、ブログに多くのアクセスがあっても、会社の売上に貢献出来なかったらあまり意味を持たなくなります。

その為、アクセスアップは手段であり、「会社、商品の知名度を上げる」「商品の魅力を多くの人に伝える」と言った、もっと深いレベルの事を目的とする事が適切だと思います。

 

ターゲットを明確にする

目的を定義するのと同じぐらい大事なのが、ターゲットを明確にする事です。

ブログのターゲット(読者)がどんな人で、その読者は、どんな記事を読みたいと思っているかを把握する必要があります。

 

ターゲット目線のコンテンツ

冒頭でもお話ししましたが、ブログに掲載する内容が、店長やスタッフの日記だったり、商品やサービスの売り込みと言った、運営者側の自己満足、独りよがりになっている事あります。

それでは、多くのユーザーを集客出来たり、支持されるブログになる事は難しいでしょう。

自分たちが伝えたい情報とお客様が知りたい情報がちょうど重なる内容をメインにコンテンツを作成していくと良いでしょう。

 

効果測定と軌道修正のルールを明確にする

最初に立てた戦略や計画が完璧という事は、ほとんどない為、一定期間運営していき、間違っていた事に気づいたら、最初の戦略にこだわり過ぎず、軌道修正する事が大切です。

この時、あらかじめ期間(3カ月間、半年間など)を定め、「〇〇までに、ある条件に達していなかったら、〇〇を変えよう」と言ったルールを設けておくとスムーズかもしれません。

 

多くの人に見てもらう為の対策

これまで説明してきた事は、一番基本的な事ですが、それと同時に多くの人に見てもらう為の対策も実施すると、遅かれ早かれ、効果が実感出来る様になると思います。

記事のタイトルを工夫する

多くの人に読んでもらう為のブログ記事のタイトルの付け方

 

ライティングを工夫する

読んでもらう為に意識するライティングのポイント

 

SNSとワードプレスを連携する

プラグインJetpackを使ったSNS連携、FacebookやTwitterに自動投稿する方法

 

軌道に乗るまでPPC広告、リスティング広告を使って宣伝する

集客にお金をかけることに否定的なお客様もいらっしゃいますが、ある程度軌道に乗せるために、最初はお金を払ってでも、露出を上げる事も一つの方法です。

どんなに、良い記事やタイトルを付けても、誰の目にも触れなければ、宝の持ち腐れになります。
上記の事を踏まえ、継続的に行ってい場、遅い早いの差はあるにせよ、効果は出てくるはずです。

 

Weblocoでは、WordPressを使った集客コンサルも行っております。

集客コンサルサービスを詳しく見る

 

以上「集客に強いと聞いてワードプレスでブログを作りましたが反応がありません。」に対する回答になります。

Webマーケターが制作するユーザー目線のホームページ作成のバナー
Webマーケターが制作するユーザー目線のホームページ作成のバナー